About the Club

東京アメリカンクラブは1928年に設立された、伝統あるアジア最大のメンバーシップクラブ。

日本とアメリカの文化、ビジネスの架け橋となる場として、国際コミュニケーションに貢献。世界で活躍する約50カ国、4,000名のエグゼクティブと
そのご家族がメンバーとなっています。心安らぐ第二の故郷として、多くの方に愛されています。

History

1928年
在日アメリカ人の会員制社交クラブとして、麹町区岩本ビルに設立
1935年
丸の内へ移転
1941年
一時閉鎖
1949年
会員数350人で再開
1954年
麻布狸穴町(現在の麻布台)を永久の地とし『東京アメリカンクラブ』がスタート
1972年
新しいクラブハウスの建設に着工、1975年にモダンなクラブがハウスがオープン。
2007年
アジアナンバーワンのプレミアムクラブを目指し、再開発プロジェクトが実施される。建設中は仮設のクラブハウスを港区高輪の開東閣隣接地にて運営。
2011年
マスターアーキテクトとして世界的に有名なペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツのデザインによる美しいクラブハウスが誕生。

Events

チャリティガラディナーや各種授賞式、またアメリカ文化を象徴するイベントなどが毎日開催されています。
イースターやハロウィン、感謝祭、クリスマスなどのシーズンイベントから、
アメリカ独立記念日などのクラブならではの祝祭が行われています。
1990年より、日本や海外で活躍したスポーツ選手に敬意を表し、スポーツマン・ウーマンアワードを開催しています。

東京アメリカンクラブでは14のチャリティ活動をしている組織をサポートし、
地域のコミュニティに協力しながら、社会貢献活動に注力しています。